電話とインターネット TOP > インターネットトピックス > インターネットにかかる費用の変化

インターネットにかかる費用の変化

皆さんがインターネットを利用するときに、
どの回線を使っているのかしっかりと把握していますか?

インターネットは使用する回線によって
料金が大幅に変わってしまうことがあります。


今では殆どなくなったと思いますが、
ちょっと前まではダイヤルアップ回線が主流で、
インターネットに繋いだ分だけ料金が発生していました。

携帯電話でもそうでしたね。
メールやチャットのし過ぎで高額な料金を
請求されるひとも多かったと思います。

通信量を支払うためにバイトをしている若い子も
多かったように思います。

2000年ごろからは、ADSLや光ファイバーなどが普及し始め、
従量制から定額制への以降が進んできましたので、
通信にかかる費用を気にせずにインターネットを
利用することが出来るようになってきました。

以前は低速度で、料金を気にしながらびくびく利用していたのに、
今では高速でさくさく、通信量を気にすることなく
動画や音楽などの大容量なコンテンツを楽しむことが
できるようになりました。

料金を気にすることなく常時接続できるようになったので、
インターネットに依存する人も増えてしまっていますが・・・


今はADSLと光ファイバーが殆どを占めていますが、
ADSLのほうが導入の工事が楽で料金が安め、
光ファイバーは高速通信をウリにしています。
光ファイバーはひとつの回線を多数の人が利用できるので、
マンションタイプの契約であれば、
ADSLと遜色ない金額で高速通信を楽しむことが出来ます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話とインターネット All Rights Reserved.