インターネットの接続方法

私たちが毎日当たり前のように利用しているインターネット。
インターネットに接続するには、
必ずプロバイダと契約しておかなくてはいけません。

また、接続方法についても種類があり、
種類によって通信速度や料金に違いが出てきます。


まずはダイヤルアップ接続です。
電話回線を利用してプロバイダーに接続する方法で、
接続のたびにプロバイダに電話を掛けて繋げる形になるので、
使用中は電話が利用できなくなったりします。

既存の回線を利用するので、導入は楽ですが、
通信速度は遅く接続した分だけ料金がかかるのが難点です。
今では殆どダイヤルアップで接続することはなくなってきていますね。

続いてはISDN接続です。
こちらは、電話線の一種のデジタル回線を用いた接続方法で、
ひとつの回線で二つ分の接続が可能なので、
インターネットをしながら電話も使うことが出来ます。

ADSL接続は、電話回線にADSL用のモデムを接続することで
高速かつ大容量の通信が可能な接続方法です。
動画や音楽などのコンテンツもスムーズに楽しむことが出来ますし、
インターネットに常時接続していても定額料金なので安心です。

最後にFTTH接続です。
こちらはいわゆる光ファイバーと呼ばれるやつですね。
接続スピードは他の方法よりもかなり速く、
ストレスなくインターネットを楽しむことが出来ます。
利用エリアがまだまだ限られているのが難点ですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話とインターネット All Rights Reserved.